建物品質へのこだわり

建物品質 耐震性と耐久性へのこだわり
高品質な建物は、「確かな材料」と「確かな施工」によって成り立っています

第三者機関「ホームリサーチ」による徹底した建物検査 +
法定検査機関「JIO」のダブル検査で実現する高品質住宅

「法定検査機関による検査」
法定検査機関の瑕疵保険を受けるために、建築士により、基礎配筋検査と構造金物検査を行います。抽出検査という、対象の箇所から数点をピックアップして行う検査を実施します。この検査は、あくまで「最低限の検査」であり、このレベルの検査だけでは、建物品質の向上を伴わないと成田屋不動産は考えています。

「日本住宅保証検査機構」
日本でも屈指の歴史と検査棟数を誇る法定検査法人です。

現在国内では、多数の法定検査を取り扱う検査法人がありますが、その中でも特に検査そのもののクオリティーに特化した検査法人を選択致しました。

法律の改正により、「外壁防水検査」が行われなくなった昨今でも、任意で外壁の防水検査を行うなど、検査に対する姿勢には住宅検査に対する使命感を感じる検査法人です。

当社が依頼している任意検査の機関である「ホームリサーチ社」にも、法定検査を取り扱う系列の検査法人がございます。

しかし、法定検査とはいえ、第三者検査機関のホームリサーチ社とはまったく別の目が入ったほうがより良い建物ができることは言うまでもないことだと思います。

「第三機関ホームリサーチの徹底した検査による、徹底した施工品質管理」
成田屋不動産では、法定検査だけではなく、第三者機関「ホームリサーチ」社による、検査点数計百点以上、全工程計6回という徹底した検査を受けています。また、それらの検査箇所は全て写真を撮影し、全てに対して検査コメントと評価が付けられ、最終的には一冊の本に製本し、お客様にお渡しします。これらの検査基準は、国内でも最高レベルのもので、成田屋不動産の家の品質は、この検査によって厳しく管理されています。

「独立系の検査機関」
ホームリサーチは、ハウスメーカーや建材メーカーとの資本関係は一切無く、100%自己資本の独立系検査機関です。そのため、真の第三者として、住宅検査のクオリティを維持することができるのです。

「家歴のある家=資産価値が落ちにくい家」
もし、中古一戸建てを購入する立場であれば、「数百点以上の施工中写真が記録として残っている物件」と「どのように建てられたのかわからない物件」どちらを選択するでしょうか?検査記録が写真と共に残っているということは、家歴書の重要性が高まっている中、中古物件として売り出しても資産価値が落ちづらいと言えます。

「現在義務付けられている住宅検査事情がいかに不十分なものかご存じですか?」
現在、国によって義務付けられている検査は、
基礎の鉄筋検査と構造体の骨組みの検査の計2回のみです。

  法定検査 第三者検査
検査回数 2回 6回
検査箇所 基礎配筋と構造金物のみ 基礎配筋・土台・構造金物
・断熱・防水・下地等
写真点数 約20点 300点以上
検査時間 1回あたり約20分 1回あたり約90分
検査方法 抽出検査 全数検査

確かに両方共重要な検査箇所ですが、
では、屋根や外壁の防水シートの検査・床下配管の接続の検査・断熱材の施工の検査は
必要ないということでしょうか?


そんなことはありません。

住宅には、義務の検査では検査されない重要な検査箇所が山ほどあるのです。

だからこそ、ホームリサーチのような徹底した検査が必要なのです。

「ホームリサーチ社」採用工務店において、上位10%の施工品質を実現しています。
成田屋不動産では、施工精度評価7ランクのうち、
上から2番目のランクである「AA」の施工評価を数多く頂いております。
その結果、ホームリサーチ社の検査を採用している全工務店のうち、
上位およそ10%の評価の工務店しか与えられない「★+++」という評価を頂いております。

成田屋不動産の建物工法
成田屋不動産の建物は、物件に合わせて2つの工法を採用しています。
どちらの工法も、第三者機関の徹底した検査を行い、「精度の高い施工を実現」することを第一に考えています。
2×4工法の家
主に北米で用いられていた工法。2インチ×4インチの角材が使用されているため、 2×4工法という名称で呼ばれています。箱型構造の為、地震に強いことが特徴です。

■面で支える箱型構造
力を面で分散する箱型構造の為、非常に地震に強い2×4工法。
不可が一点に集中しないので、揺れを建物全体で受け止めます。

■阪神大震災などの震災でも強さが証明されています
地震に対する強さは、阪神大震災・東日本大震災などでも ほとんどの建物で大きな被害を生じなかったことで実証されています。
※日本ツーバイフォー建築協会ホームページ参照

■防災・気密・断熱に優れる工法
箱型で四方を囲まれた構造による、防火性・気密性・断熱性の高さも特長です。

※仕様については、物件により異なります。詳しくは営業担当までお尋ね下さい。
木造在来工法の家
柱と梁で建物を支え、筋違いで補強する、国内では最も歴史があり普及している木造住宅の工法です。柱と梁のフレーム構造なので、開口部を大きく取りやすかったり、増改築がしやすく、 今後のライフプランの変更にも対応がしやすい工法です。
■全フロアで剛床工法を採用
床全体が面で揺れを抑える構造体!
成田屋不動産では、全ての階の床に24o以上の厚みの構造用合板を下地として使用する剛床工法を採用しています。地震の揺れに対して、水平方向の剛性を増し、床全体で地震の揺れから家を守ります。

■エンジニアリングウッド
JAS規格(日本農林規格)に適合したエンジニアリングウッドを使用。工業製品の為、信頼性の高い計算可能な強度を持ち、その強度は、無垢材の約1.5倍。将来に渡る「むくれ」「そり」などの変形が少ない安定感も大きな魅力です。
※仕様については、物件により異なります。詳しくは営業担当までお尋ね下さい。
頑強な基礎構造
基礎は、その名が示す通り、建物を足下から支える構造の要です。成田屋不動産の基礎は、外周幅150mm・厚み180mm・太さ13mmの鉄筋を採用。万が一の時はご家族の安全を守り、耐久性も高い安心の基礎構造です。
入念な湿気対策  家の耐久性 = 湿気対策
外壁通気工法
壁中で発生した湿気を外に逃がすよう、外壁の中に通気層を設ける工法を採用しています。通気層の内側を、透湿防水シートという「水は通さないが湿気は通す」特殊なシートで家全体を覆います。壁中の湿気は透湿防水シートを通し、通気層に排出され、構造体を乾燥状態に保ちます

基礎パッキン工法
土台をパッキンによって一様に浮かせることによって、満遍なく床下を換気できる「基礎パッキン工法」を採用し、より床下の換気がスムーズに行えるような造りになっています。
ベタ基礎+防湿フィルム
昔の基礎は、床下を覗くと下に土が見えていました。これは、布基礎と言って、一昔前は当たり前のように施工されていた基礎構造でした。今では、床面全体にもコンクリートが施工されているベタ基礎が一般的となりました。床面のコンクリートの下には、防湿フィルムも施工され、地面からの湿気や虫があがりにくく、地震の揺れや不等沈下にも強い、優秀な基礎構造です。
ページTOPへ
お問い合わせはお気軽に! 株式会社成田屋不動産 〒467-0066 名古屋市瑞穂区洲山町二丁目7番地 TEL:052-852-1500 お問い合わせフォームはこちら